漢字の単発な表現が、聞こえてきたり示されたりして、健常だと思い知らされたりするのは、聞いたことがあります。健常の世界では、嬉しいではなくて喜ぶで、話ではなくて話すで、話したりすることであるわけですよ。聞いているだけのことには、表記しかなくて、実際に話せるわけはないわけです。健常の人間が生活の中で、元々習ってきた勉強でたまに気になることが起こるわけですよ。漢字にはっとしたり、習ったはずの漢字や書き方が、全部表記に見えたりしてしまっていて、巻き込まれだと気づくわけですよ。それでも繋がりみたいなのでくっ付けられ、三半規管や三叉神経などはめまい状態なわけですよ。何かの漢字にたまに健常ではこうではないみたいな違いを思い出すわけですが、たまに確率的には巻き込まれた状態で表現をしています。巻き込まれは同じように二度は目に遭わないと、多分器官としても正せません。困ってはきましたが、もういいという感じはするので、それすら巻き込まれで始まりも終わりもするんだなと本当に煽るなと思っているわけですよ。ストラッシュ カウンセリング 予約