昨晩、テレビの天気予報で、私の住んでいる地域は今日、数年に一度規模の寒気団の入り込みにより、まとまった雪が降ると言っていました。予想積雪60cmと出でいました。確かに朝、起きてみましたら雪がいくらか積もっていました。60cmまではいってはいませんが。家の前の道路は地下水をくみ上げて流す融雪装置というものが設置してあってかなりの雪を溶かしてくれます。それが設置される前は出勤前に平均して1時間ぐらいの時間をかけて道路の雪をよかしていました。会社に行く前にもう疲れていました。ひどいことをしていたなあと思い出します。積雪が多くなってくると屋根に上って雪を下ろしたりもします。たいていは仕事が終わって帰宅してからやっておりました。これもかなり疲れます。下ろした雪をさらにかたづけたりすると疲れは二倍です。ここ何年かはこれも一冬に一度か二度ほどです。ただ私の家の前に設置した車二台分の壁なしの車庫みたいなやつは真ん中の柱がないのですごく積雪に弱いと建てた業者さんがいっていたのでマメに雪は下ろしています。田舎の除雪作業も昔と比べるとかなりよくなってきてはいるのでしょうが住んでいるひとたちの高齢化がまた問題です。若い人がすごく減っています。
この先どう変化してゆくのか。心配です。視力矯正 子供 田中